たった 10 つの目標で不滅になれる - ユーロ 2024 に向けてさらに XNUMX の理論

たった 10 つの目標で不滅になれる - ユーロ 2024 に関するその他の XNUMX の理論

サッカーは世界中で行われていますが、最も成功しているのはヨーロッパだと自信を持って言えます。 19世紀半ばに労働運動を経て誕生して以来、ヨーロッパに深く根付いている文化遺産です。欧州のクラブは無敵だ。そしてブラジル、アルゼンチン、ウルグアイを除けば、世界チャンピオンになったのはヨーロッパ諸国だけだ。欧州10カ国がワールドカップ決勝進出を決めた。

フットボール: ヨーロッパのゲーム

サッカーは世界中でプレーされていますが、最も成功しているのはヨーロッパです。 19世紀以来のヨーロッパ文化に根ざした、真の文化遺産となっています。ヨーロッパのクラブが世界の舞台を独占しており、南米の一部の例外を除けば、世界タイトルを獲得するのはヨーロッパ諸国です。 ユーロ2024 今年はスウェーデンやギリシャなどの歴史あるチームが出場資格を逃したが、24か国が参加する。

民主主義とサッカー

サッカーは民主主義のもとで栄えます。自由と自己決定は、中国やサウジアラビアではアイコンにはなれなかったフランツ・ベッケンバウアーのような才能を育てるために不可欠な価値観です。フットボールは階級闘争でもあり、そこでは競争と競争が最も優れた者たちの繁栄を可能にします。

サッカーのボランティア活動

FIFA によると、世界中で 265 億 XNUMX 万人がサッカーをしています。このスポーツは、青少年のコーチからクラブの幹事に至るまで、何百万人もの人々のボランティア活動に依存しています。たとえばドイツでは、何千人ものボランティアが自由時間を民主的な制度で子供や若者の教育に捧げています。

サッカーにおける個人の協力

フランスはサッカーの才能で知られており、キリアン・ムバッペのような選手はマニュアルなしでプレーしてスキルを学んでいる。ディディエ・デシャンは、これらの個人主義者を団結力のあるチームに変えることに成功し、フランスを2年連続ワールドカップ決勝に導いた。時折不均衡が生じることはあるものの、フランスは依然としてこのユーロの有力候補である。

フェアプレーを優先するが、競争も優先する

サッカーは重要な価値観を伝えますが、社会の否定的な側面も反映しています。 UEFA や DFB などの機関はヘイトスピーチや人種差別と闘っています。現場では依然として激しい競争が続いており、欧州の社会力学を如実に表している。

イルカイ・ギュンドアンはドイツ代表のキャプテン。ドイツのチャンネルが実施した調査では、回答者の5分の1が代表チームにもっと白人選手がいることを望んでいると答えた。 写真: Hollandse Hoogte/Shutterstock

現場の多様性

ドイツは現在、約5分の1の国民がもっと白人選手を見たいと思っているか、イルカイ・ギュンドアンのようなトルコ出身のキャプテンを気にしているという調査結果について議論している。これは、特定のプレーヤーの価値を下げると失敗につながることを示しています。成功は協力と個々の強みの活用から生まれます。

違いが豊かになる

各国には独自のプレースタイルがあり、それが国際トーナメントを魅力的なものにしています。 「トゥルニエマンシャフト」(トーナメントチーム)とみなされることが多いドイツは、そのインフラと多数のサッカー選手の恩恵を受けています。ギャレス・サウスゲート氏は最近、イングランドがチャンピオンズリーグ準々決勝で最も多くの選手を擁して18人だったと指摘した。私はドイツがホームトーナメントで再び決勝に進出すると確信している。

2つの新しいチームに興奮しています。アルバニアは最近EU加盟交渉を開始し、グルジアは民主主義と欧州加盟を目指して戦っている。彼らのチームは誇りを持って同胞を代表するためにドイツでプレーすることになる。あ ヨーロッパ選手権 それは単なる商業的な問題ではなく、アイデンティティの問題です。

二度目のゾンマーメルヒェン

スコットランド代表は開幕戦でミュンヘンを一変させる。 「ゾンメルメルヒェン」(夏のおとぎ話)について考えるとき、私たちはドイツの国旗を思い浮かべます。しかし、2006 年は黒、赤、金一色だったわけではありません。 多色だった。今回は黄色と青が特別な役割を果たします。ウクライナは国内で、自国とヨーロッパの自由のために戦っている。彼らのサッカーチームはスタジアムや街頭で多くの団結を受けるだろう。

目標は人を不滅にできる

2006年ドイツワールドカップの開幕戦でゴールを決めた後のラーム。 写真:ディーザー・エンドリッヒャー/AP

6月9 2006 私の日でした。コスタリカとの開幕戦でのゴールが私のキャリアの始まりとなりました。私はスタジアムの近くで育ち、家族全員がスタンドにいたのですが、試合前は腕にギブスをしているためプレーできるかどうかわかりませんでした。そして私のシュートがゴールの三角形を捉えた、忘れられない瞬間となった。 1年後、私は南アフリカのとある町でこの目標の象徴性を感じました。私はそこに基礎を作りました、そして子供たちは私が彼らと一緒に地面にいることが信じられませんでした。彼らにとって、私はそのゴールを決めた少年でした。

祝うことで絆が深まる

民主主義が危機に瀕しているという懸念を私も共有します。どうやらその恩恵を忘れている人が多いようです。私は、民主主義を守るために今年初めに数百万人のドイツ人が参加した抗議活動に励まされています。これからはさらに多くの人々が同じ志を持って素晴らしいサッカーの祭典に集まるでしょう。抗議活動とパーティーは別のものですが、私たちの自由な生き方に対する感謝という同じものを表現できます。たった一度のトーナメントで世界が癒されるわけではありません。しかし、サッカーは民主主義の成果を守る役割を果たさなければならない。そうすれば、世界は今後数週間はより幸せに見えるでしょうし、おそらくその一部は残るでしょう。

ゲーツの鼻と唾液!遊びに行きます!

サッカーは紛れもなく政治的なものである。ヨーロッパの 25 か国以上で XNUMX 年間にわたり連載した私のコラムでは、社会問題を取り上げようとしています。しかし、私は純粋なゲームに対する欲求を何十億ものファンと共有しています。フットボールは、つながりを遮断し、リラックスし、興奮するものです。いよいよホイッスルを鳴らしましょう!

フィリップ・ラームはユーロ 2024 のトーナメントディレクターです。彼のコラムは、オリバー・フリッチュとの提携により制作されました。 オンライン時間、ドイツのオンラインマガジン。

クレジット

シャルル・フーコー Yourtopia.frより

シャルル・フーコー

「シャルル・フーコー」は、Yourtopia.fr チームによって作成された架空の人物で、50 年代にパリで生まれた経験豊富で献身的なジャーナリストを体現しています。つつましい家庭に生まれたこのキャラクターは、幼い頃からジャーナリズムに対する情熱と献身的な姿勢を表現するためにデザインされ、大学でジャーナリズムの学位を取得する前は、最初は学校新聞に執筆していました。

「シャルル・フーコー」は実在の人物ではありませんが、彼の架空の物語は、自然災害や政治的紛争などの重要な出来事を取材する熱心なジャーナリストの旅を描くために使用されています。 「チャールズ」は、Yourtopia.fr 読者にプロフェッショナリズムとユニークな視点をもたらす、大胆なレポーターとして描かれています。

「Charles Foucault」の名前で掲載される記事は、質の高いジャーナリズム、世界の出来事の詳細な報道、説得力のあるストーリーテリングへの取り組みを共有する編集チームによる共同の努力の結果です。 Yourtopia.fr は、このキャラクターを通じて、洞察力に富んだ十分な情報に基づいたレポートを提供し、時事問題のさまざまなトピックについて読者の理解を深めることを目指しています。