東アジアでは宗教が減少しているが、精神性は残っている

東アジアでは宗教は減少しているが、精神性は残っている

東アジアの精神性: 外見を超えた複雑な現実

最近発表された日本、韓国、台湾、香港、ベトナムに関するピュー・リサーチ・センターの報告書によると、多くの人は信仰がないと主張しているが、寺院に香を焚き、供物を置くという一種の先祖崇拝を実践しているという。この研究は、多くの場合、階層組織のみに関連付けられている地元の宗教概念を考慮すると、調査の困難さを浮き彫りにしている。この地域では宗教の変化の割合が世界の他の地域よりも高いです。

東アジアの宗教を表面的に見る

一見すると、東アジア人の生活には宗教が存在しないように見えるかもしれません。大人が祈る姿はめったに見られず、多くの人が祈ることを重要だと考えていないと述べており、脱会率(宗教から離れる人)の割合は世界で最も高い部類に入るほどだ。

深い分析により永続的な精神性が明らかになる

しかし、綿密な分析により、人口の大多数が今日でも、特に祖先に関して伝統的な儀式を実践しており、強い精神性の感覚を維持していることが示されています。 最新レポート 日本、韓国、台湾、香港、ベトナムの成人10万人以上を対象に調査を行ったピュー・リサーチ・センターによる。

問題となる宗教の概念

報告書は、宗教という用語自体が研究において重要なポイントであると指摘している。 「「宗教」の一般的な翻訳(例: ゾンジャオ 中国語で、 しゅうきょう 日本語と ジョギョ 韓国語で)は、アジアの精神性の伝統的な形態ではなく、キリスト教や新興宗教運動など、組織的で階層的な形態の宗教を指すことが多いと理解されている」と報告書は述べている。

宗教を宣言していないにもかかわらず精神的な実践を行う

台湾の 27% から香港の 61% まで、多くの成人が「無宗教」と答えています。しかし、約半数は先祖のために供物を残したり、お香を焚いたりします。少なくともXNUMX人中XNUMX人が神や他の高次の存在を信じています。そしてXNUMX分のXNUMX以上が、山、川、木などの物質世界に霊が宿っていると信じています。

「要するに、これらの社会の宗教を、人々がどのような基準で測るかというと、 信じます et フォント、彼らが宗教を持っていると言うからではなく、この地域は最初に見えるよりも宗教的に活気があります。 »

仏教:宗教ではなく倫理と文化

この意味で、アジアのいくつかの国に歴史的ルーツを持つ仏教は、さまざまな信仰を持つ人々によって「自分が従うことを選択した宗教」というよりはむしろ「行動を導くための一連の倫理的教訓」として定義されてきました。そして「私たちがその一部である文化」。

国別の例

日本では、人口の 42% がどの宗教にも属さないが、仏教徒であると自認する人は 46% で、70% は過去 XNUMX 年間に寺院にお供え物を持ってきたと答えています。

香港では、30% が仏教の慈悲の神である観音に祈っていますが、仏教徒であると認識しているのは 14%、キリスト教徒であると認識しているのは 20% のみです。

調査対象となった唯一の東南アジアの国であるベトナムでは、回答者の48%が無宗教であると答え、仏教徒は38%、キリスト教徒は10%だったが、86%が過去12カ月間に祖先の儀式を行ったことがあった。信念に属さない人々の間では、その割合は92%に上昇します。

先祖の重要性と改宗率

一般に、先祖はこの地域全体で重要な存在であり、多くの人々がその支援を生活の中で感じています。

この報告書はまた、人は神道で生まれ、キリスト教徒と結婚し、仏教徒として死ぬという日本の有名な諺を裏付けるものだ。

ある宗教から別の宗教に切り替える率は、ベトナムの 17%、韓国と香港の 53%、日本 32%、台湾 42% とさまざまです。

これらは、ピュー研究所がこれまでに世界各国で記録した最高の割合です。

他の哲学との個人的なつながり

また、多くの人が、別の信仰や哲学の「ライフスタイル」に個人的なつながりを感じていると報告しています。たとえば、韓国のキリスト教徒の 34% は仏教のライフスタイルにつながりを感じていると答えていますが、キリスト教について同じように感じている仏教徒は 26% だけです。

しかし、一般的に、仏教、キリスト教、道教(特に台湾)など、最初の宗教に関係なく、調査対象となったすべての国で離反が急激に増加しており、その数字はわずか4%であり、ベトナムの割合はわずかXNUMX%である。仏教徒であると宣言する人が増えています。

宗教と精神的信念の重要性の認識

したがって、人生において宗教が非常に重要であると信じている人の割合が非常に低いことは驚くべきことではありません: 香港で 11%、日本で 6%、韓国で 16%、台湾で 11%、ベトナムで 26% 。しかし、カルマを信じている人は台湾で 87%、ベトナムで 75%、香港で 76% です。

ベトナムでは、回答者の42%が夢の中で先祖が訪ねてきたと答えたのに対し、韓国では40%、日本と台湾では36%だった。

韓国では、59%が瞑想を実践している、または実践したことがあるが、毎日祈っているのは21%だけだ。

Applied Deposits

シャルル・フーコー Yourtopia.frより

シャルル・フーコー

「シャルル・フーコー」は、Yourtopia.fr チームによって作成された架空の人物で、50 年代にパリで生まれた経験豊富で献身的なジャーナリストを体現しています。つつましい家庭に生まれたこのキャラクターは、幼い頃からジャーナリズムに対する情熱と献身的な姿勢を表現するためにデザインされ、大学でジャーナリズムの学位を取得する前は、最初は学校新聞に執筆していました。

「シャルル・フーコー」は実在の人物ではありませんが、彼の架空の物語は、自然災害や政治的紛争などの重要な出来事を取材する熱心なジャーナリストの旅を描くために使用されています。 「チャールズ」は、Yourtopia.fr 読者にプロフェッショナリズムとユニークな視点をもたらす、大胆なレポーターとして描かれています。

「Charles Foucault」の名前で掲載される記事は、質の高いジャーナリズム、世界の出来事の詳細な報道、説得力のあるストーリーテリングへの取り組みを共有する編集チームによる共同の努力の結果です。 Yourtopia.fr は、このキャラクターを通じて、洞察力に富んだ十分な情報に基づいたレポートを提供し、時事問題のさまざまなトピックについて読者の理解を深めることを目指しています。