2024年にアナログ写真は意味があるのでしょうか?ペンタックスはイエスと答え、新しいレトロなデバイスを発売します

2024年にアナログ写真は意味があるのか​​?ペンタックスが肯定し、新しいレトロカメラを発売

アナログの復活は間違いありません。ビニール、オーディオ カセット、VHS、フィルム写真は、デジタルよりも直接的な体験を求める人々にとって、ますます魅力的になってきています。ペンタックス ブランドも、新しいアナログ カメラであるペンタックス 17 の発売により、このトレンドの一部となっています。

アナログのルネッサンス

近年、アナログ技術への関心が改めて高まっています。ビニールレコード、オーディオカセット、VHS、 フィルム写真 最前線に戻ってきています。この現象は、本物らしさと懐かしさの探求だけでなく、デジタル技術によって課せられた猛烈なペースを遅らせたいという欲求によっても説明されます。

ペンタックス 17: タイムマシン

ペンタックスは最近、 ペンタックス17、35年ぶりのアナログカメラ。このカメラは、最新のデジタル機能がまったくないことで際立っています。USB ポートもデジタル画面も、SD カードや内部メモリに保存する機能もありません。 XNUMXmm フィルム、手動でフィルムを巻き戻すクランク、露出補正と ISO 感度を調整する XNUMX つのモード ダイヤルなど、すべてが昔ながらの方法で行われます。

仕様書

La ペンタックス17 同じフレーム上に 17 つの 24 x 36 mm 画像をキャプチャできるため、72 枚のネガロールの容量が 25 倍になり、2.8 枚の写真に達します。 Pentax Espio Mini からインスピレーションを得た固定レンズは、ユニバーサル フォーマットで 37 ミリメートルに相当する焦点距離の XNUMX mm f/XNUMX です。

その他の注目すべき機能には、マクロ モードで 25 センチメートルから無限遠までの XNUMX つのプリセット距離を提供するゾーン フォーカス システムが含まれます。スローシンクロを含むXNUMXつの撮影モードも搭載。

情熱を持った投資

現在専門店で入手可能なペンタックス 17 の価格は 549,99 ユーロです。価格は高く見えるかもしれませんが、フィルム写真愛好家向けに設計されたこのカメラの品質と精度を反映しています。

アナログ写真の楽しさを再発見したい人に、ペンタックス 17 は本格的で没入感のある体験を提供します。現在の光学設計の技術進歩の恩恵を受けながら、昔のジェスチャーや感覚を再び体験することができます。

なぜ今アナログを選択するのでしょうか?

アナログ回帰は単なるノスタルジーではありません。それは芸術的かつ哲学的なアプローチでもあります。アナログを選択すると、時間をかけて各ショットについて考え、写真が現像されるまでの待ち時間を楽しむことに同意したことになります。それは写真の本質と再びつながる方法です。

さらに、アナログは、デジタルでは再現が難しいニュアンスや質感を備えた独特の画質を提供します。それぞれの写真は、化学プロセスの不完全性と気まぐれさが特徴のユニークな作品になります。

まとめ

つまり、PENTAX 17はこのアナログ回帰の流れにぴったりと当てはまるのです。これは、写真愛好家に、有名なブランドの品質と信頼性の恩恵を受けながら、従来の撮影の楽しさを再発見する貴重な機会を提供します。

クレジット

この記事で使用したソース:

2024年にアナログ写真は意味があるのか​​?ペンタックスが肯定し、新しいレトロカメラを発売

エイドリアン・ジュザック

「エイドリアン ジュザック」は、Yourtopia.fr チームの架空の創作物で、12 年 1987 月 16 日パリ生まれの情熱的なフランス人ブロガー兼ジャーナリストを体現しています。このキャラクターは、書くことへの深い愛情と、XNUMX 歳でさまざまなブログで執筆活動を始めたジャーナリズムへの初期の関心を表すようにデザインされました。

「エイドリアン・ジュザック」は実在の人物ではありませんが、彼の架空の経歴は、パリの名門ジャーナリズム学校で書面報道を専門に学び、ジャーナリズム愛好家の進化を描いています。 「エイドリアン」は、在学中に彼自身のブログを作成したと紹介されており、文化、旅行、テクノロジーなどのさまざまなトピックについて探求し、自分の考えを共有するスペースです。

「エイドリアン ジュザック」という名前で掲載される記事は、編集チーム内の創造的なコラボレーションの結果であり、多様な関心と豊富な視点が反映されています。 Yourtopia.fr は、このキャラクターを通じて、ダイナミックで多用途なジャーナリズムの精神を捉えた、魅力的で有益なコンテンツを提供することを目指しています。